Path

今どこで何をしてる?親しい人とだけつながりたい人向けのSNSアプリ

Path(パス)は、身近な人の状況を知ったり自分の今を伝えられるSNSのアプリです。個人的な状況や写真などをたくさんの人には公開したくないけれど、身近な人とはシェアしたい、という人におすすめのアプリです。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 友達の輪を広げるアプリでなく、友達との関係を深めるのに役立つ
  • 友達の招待はメール、Facebook、iPhoneの連絡帳などからできる
  • 写真に楽しい、悲しいなどエモーションアイテムをつけられる

反対票

  • 今聞いている音楽を投稿できるが、日本のアーティストや楽曲は少ない

秀逸
9

Path(パス)は、身近な人の状況を知ったり自分の今を伝えられるSNSのアプリです。個人的な状況や写真などをたくさんの人には公開したくないけれど、身近な人とはシェアしたい、という人におすすめのアプリです。

Pathを起動させ、自分の名前、メールアドレス、パスワードなど必須項目を入力します。プロフィール写真や性別、誕生日などに関しては、オプションで入れることができます。セッティングかができたら、いよいよ自分のページが開きます。画面左下にある「+」マークのアイコンをタップすると、カメラや人、ロケーションのポイント、音楽、つぶやきなどのアイコンが一覧で現れますので、投稿したいカテゴリーのアイコンをタップします。たとえば、音楽のアイコンをタップすると、検索バーが出てくるので、今聞いている音楽の曲名やアーティスト名を入力して検索できます。

Pathは、友達を探すときにも、自分のアドレスやFacebookの中から選んで招待を送ります。友達の友達とつながる、といった機能はないので基本的に自分の友人、知人に限定してコネクションをとることができます。また、Twitterのように個人的な思いをつぶやいたり、ふと思ったことを書き留めても見知らぬ第三者が見て思わぬ波紋が広がるということはないので、安心して投稿できます。ただし、SNSであることは確かですので不用意な発言は慎んで利用しましょう。

Pathは現在時間や投稿数などが常に表示されているので、自分の「今」をよりリアルに伝えることができます。また、投稿写真に関しても、楽しい、悲しいなどエモーションアイテムを設定できて、写真に対してどんな気分なのかといったことも簡単に表現できます。ただ、検索できる音楽にかんしては、日本人アーティストは登録が少ないので、お気に入りの曲やアーティストがヒットしないかもしれません。Facebookなどのように人とつながっていくことを前提としたSNSではないので、始めは慣れないかもしれませんが、親しい人と、より親しくお互いの状況を知るためにすぐれたSNSといえます。状況に応じて、Twitterの機能をより快適に使えるEchofon for TwitterFacebook と使い分けてみてはいかがでしょうか。

Pathは、仲間内でお互いの状況をシェアできるSNSのアプリです。